住宅のキレイと快適を保つ〜劣化に対応して新品同様になレッカ!?〜

ガラスを高性能にする

窓ガラスにコーティングをする重要性

窓ガラスは住宅の快適性にとって重要な箇所です。そんな重要な窓ガラスですが、最近は色々な技術が開発されているのです。特にコーティングをほどこすことで、色々な効果を窓ガラスに付加する事ができるようになったのです。以前にも窓ガラスには、フィルムを張ることにより効果を得る事ができたのですが、コーティングはフィルムよりもメリットが大きいのです。ここではコーティングをする事でフィルムを張る事より、どんな優れた点があるのか紹介していきます。コーティングがフィルムに比べてもっとも優れた点は、耐久性が高いという事です。フィルムに比べて倍の耐久性があり、一度コーティングを施工する事で長期にわたって、効果を維持する事ができるのです。

フィルムに比べてメリットが多い

またフィルムは窓ガラスに張ると、景色がゆがんで見える事があったのです。ですがコーティングの場合は、ガラスがゆがんで見えるという事はないのです。またフィルムは夏などの暑い時期には、フィルムが熱を持つことでガラスが割れてしまう事があったのです。コーティングの場合は、紫外線をカットし熱をためこまないためガラスが割れる事もなく、悪影響はないのです。またガラスに直接コーティングする事でガラスの強度が高くなり、傷に強くなるのです。ガラスはちょっとした衝撃で割れる事もあるものですから、衝撃に強く傷に強いというのは大切な事なのです。このように優れたメリットがありながら、費用はフィルムを張ったときの半額程度ですむのです。