住宅のキレイと快適を保つ〜劣化に対応して新品同様になレッカ!?〜

中古の家を綺麗にする

中古住宅をリフォームする場合

最近は、リフォームをする場合でも中古住宅を購入してリフォームをすることが流行っています。これは単に中古住宅が増えているということですので、その対策として国が勧めているものでもあります。 中古住宅をリフォームする場合には新築住宅との金銭面での比較の中で決める人が多いようです。 住宅を全面リフォームする場合、およそ平均で1000万円かかります。もし、同じ土地で中古住宅と同じ作りの新築住宅があったと仮定して3000万円する場合、中古住宅は2000万円以内でないと中古住宅とリフォームの合計が新築住宅を超えてしまうことになり損をします。そのため、価格の面では1000万円程度の中古住宅であれば、中古住宅+リフォームを選んだほうがお得感があります。

ただし、中古住宅には耐震性の問題があることを忘れてはいけません。耐震性は中古住宅だから弱いのだろうと思っている人もいますが、それは違います。住宅を20年使ったとしても途中で大地震が来て痛みが激しい場合でなければ、耐震性は昨日今日建てられた住宅とほとんど変わらないのです。 問題は1981年6月より前に建築された住宅です。1981年には建築基準法が改正され、耐震性の基準も大幅に厳しくなりました。それにより、1981年6月以降の住宅は震度7程度の地震ても倒壊せずに持ちこたえられると言われていますが、それ以前に建てられた住宅は、震度7程度の地震で倒壊する恐れが高いため、一度耐震性を診断して耐震補強をする必要があるのです。

水道の水漏れ

水道水漏れはが起きた際は、まず応急処置を行う必要があります。出てくる水を留めることが大切です。水浸しになると様々な被害が生じてしまいます。応急処置で水を止めて修理業者を呼びましょう。出来るだけ早めの対応が必要となります。

詳細を読む

水漏れを直す

水漏れの症状が出た際は、専門の水漏れ修理業者に委託するのが最適です。インターネットで探せばいつでも受付をしている業者を見つけることが出来ます。ホームページでは割引サービスなども確認が可能です。

詳細を読む

コンテンツトピックス

オール電化がお得

近年オール電化を導入する家庭が増えています。オール電化にすることによって、経済効率を上げることができます。全てのエネルギーを電気に一本化することで光熱費の節約を実現できます。

♦ 詳しく ♦

ガラスを高性能にする

窓ガラスにコーティングを行なうことでより高い機能を備えさせることができます。耐久性が向上し、断熱性が備わります。コーティングを行なう他にも、フィルムを貼るという方法もあります。

♦ 詳しく ♦
ページ上に戻る